イメージ画像1:漆芸よした華正工房 イメージ画像2:漆芸よした華正工房 イメージ画像3:漆芸よした華正工房 イメージ画像4:漆芸よした華正工房

華正蒔絵ガラス

黄金の酒器・皿

 

正直、注ぐまでは半信半疑でしたが…

お酒が黄金色に輝いた時はおどろきました!

晩酌がとても楽しみになりました!

【挑戦】

夏のシーズン、漆器はガラス・金属に押され「死のロード」でありました。

ある方から、漆は縄文時代から使われJAPANのルーツでもあり

「どんな素材ともコラボが出来る」可能性を秘めているとアドバイスを頂き、ガラスへの蒔絵の挑戦が始まりました。

【黄金の器の誕生】

弊社で特殊技法を考案し、酒器の底面に金箔を貼ったところ、

ガラス・光の乱反射・屈折により、黄金色を発する、これまで市場にない器が誕生しました。

 

【まとめ】

お酒もお料理も「器」によって、美しさ、美味しさが一層増します!

是非贈り物に手造り・オンリーワンの酒器「華正蒔絵ガラス」をお選びになり、お客様へ感動をお届け下さると、とっても嬉しく思います!

光の屈折・乱反射により黄金に輝く酒器に変身します。

この酒器でお酒を頂くと、とてもリッチでゴージャスなひとときを体感できます。

どうぞご愛用ください。

華正蒔絵ガラス 盃「宝船」(左側)と、加飾前の素地(右側)との比較。

加飾すると、金色に輝き、まさに「黄金の酒器」です!