イメージ画像1:漆芸よした華正工房 イメージ画像2:漆芸よした華正工房 イメージ画像3:漆芸よした華正工房 イメージ画像4:漆芸よした華正工房

華正蒔絵ガラス

黄金の酒器

茶道具製造で培った蒔絵の技術を現代の暮らしに。

明るく爽やかな空間に溶け込む様に、漆器ではなくガラスを素地とし、

新しい感覚の酒器を制作しました。

 

無色透明な硝子底部に金沢金箔を特殊技法で貼り、意匠を描きました。

光の屈折・乱反射により黄金に輝く酒器に変身します。

この酒器でお酒を頂くと、とてもリッチでゴージャスなひとときを体感できます。

どうぞご愛用ください。

華正蒔絵ガラス 盃「宝船」(左側)と、加飾前の素地(右側)との比較。

加飾すると、金色に輝き、まさに「黄金の酒器」です!